www.themajesticrestaurant.com

派遣

山の手と下町が交差する駒込駅

古くからお屋敷町として栄えてきた駒込駅周辺には、教育関係の施設や庭園が数多くあります。本郷中学校・高等学校、聖学院中学校・高等学校、女子聖学院中学校・高等学校、文京学院大学女子中学校・高等学校、女子栄養大学短期大学部などがあります。そのほか、国立国会図書館の支部で東洋学の専門図書館である東洋文庫、中央聖書神学校などの研究機関もあり、学生や学術研究車もよく足を運ぶエリアになっています。

続きを読む

時給が安くても良かったお弁当屋さんのアルバイト

時給が安くても良かったアルバイトは、大学時代にしていた大学の近くのお弁当屋さんのアルバイトです。私が住んでいた大学がある町は、とても小さな町で、電車で10分ぐらい行った大きな駅のある町では、いろいろなアルバイトがありましたが、その町ではほとんどアルバイトらしいアルバイトがありませんでした。

続きを読む

家族ぐるみで忙しさを乗り切った、築地での販売業

フリーターをしていたのですが、26歳になったのを機に留学することに。お金をためるため、時給の良いバイトを可能な限りかけもちすることにしました。それで年末の、しかも早朝から16時くらいまで働ける築地でアルバイトを始めることにしたのです。

続きを読む

ピザ屋のクリスマス

短期大学生の2年間に某ピザ屋でアルバイトをしていました。配達ではなくメイキングの方に入らせていただきました。主に配達専門で取りにこられたお客様には何%か割り引くと言うスタンスのお店でした。他の飲食店と異なる所は、配達専門のお店なので注文がなければ野菜を切る仕込みをしたり配るチラシを折りにクーポンを貼り付けたりする事の他には何もする事がないので出勤して配達が2.3件で終わる時もありました。なので5時間勤務して実質働いたのは、1時間であとの4時間は何もしないで4時間分の給料が頂けていました。他の飲食店でも働いた事はありましたがこう言う事はありませんでした。

続きを読む

レストランでの記憶に残るアルバイト

私のアルバイト先は小さなレストランでした。小さなといってもホテルなどに併設されるレストランの系列で、料理はファミレスと違いすべて食材から調理するこだわりの本格派です。私が勤めていたときは二十歳になる前でしたが、人情厚い店長ときさくな料理長の元でのびのびと働くことができました。

続きを読む

米国と日本の食文化

アメリカンフードについてお話する前に、かなり関連があると思われる統計結果があります。少々古い統計になりますが、2008年時点の日本のエンゲル係数は25.4%、アメリカは19.3%でした。エンゲル係数が高いということはつまり、食事にかける費用の割合が高いということです。こうやって見てみると、日本よりもアメリカの方が生活水準が高いということになります。

続きを読む

アメリカンフード系の仕事内容

学生時代からアルバイトや社会に出てからも社員を含め勤務していますが飲食業界は奥が深いです。私が経験したのはホールと簡単な調理ですがそのなかで経験したことです。たとえばホールでの接客はいろんな食事の種類があるようにお店ごとに接客の方針が異なります。

続きを読む

アメリカンフードはジャンクフード?

アメリカンフードの代表格であるファーストフードは、一方で「ジャンクフード」という異名を持っています。ジャンクフードとは、「味は良いが、栄養素がほとんど含まれない食事の事」を指します。英語のジャンクと言う単語は元々、「ロープの古い切れはし」という意味を持つ単語です。それが転じて「使うのが困難なゴミの様なもの」を指すようになり、現在では価値が無い物質の事を指すようになりました。日本語に直訳すると、ジャンクフードは、「ゴミ飯」ということになります。

続きを読む

ファーストフードのアルバイト

学生のころに、大学の近くにあったアメリカンフード系の飲食店でアルバイトをしていました。ファーストフードのお店です。どうしてここでのアルバイトを決めたのかというと、そのお店の店員さんはいつも親切だったことと、子供のころからよく通っていたお店だったからです。

続きを読む